本文へスキップ

大会長挨拶greeting

正木 銀三
日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部 合同学術大会2022 大会長
静岡県病院薬剤師会会長 (磐田市立総合病院薬剤部長)
活動報告写真


このたび、日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2022を令和4年11月6日(日)に静岡県立大学で開催させていただきます。
本大会は平成21年に第1回を開催してから今回で14回目となります。2019年末から始まった新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐために昨年の三重県、一昨年の岐阜県では共に完全ウェブでの開催となりました。今回の静岡県では3年ぶりの現地開催、遠方の方のために一部ウェブ配信のハイブリッドの大会となります。ご参加の皆様方にお越しいただくことを大変楽しみにしております。

今回の学術大会のテーマは、「創薬と臨床の融合、ともに語ろう薬学の未来!」とさせていただきました。日病薬と日本薬学会の合同大会ですので、大学での基礎や応用などの研究と病院薬剤師の臨床業務を繋ぎ、双方が共に学べる充実した大会にしたいと思います。

本大会は病院薬剤師と薬学教員が共同でプログラムを企画・運営しております。合同メインシンポジウム、その他特別講演、東海薬学教育コンソーシアムによるFD企画シンポジウム、共催セミナー等を通じて創薬から臨床業務に至るまで、テーマを幅広く取り上げる予定です。さらに一般演題での多くの皆様方にご発表いただき、有意義な大会となるようご支援いただければありがたく存じます。
 
新型コロナウイルス感染の長期化、新たな変異株の出現により平穏な日常が取り戻せない中ではありますが、可能な限りの感染防止対策を講じて現地開催する方向で準備を進めております。しかしながら、感染の収束は予測不可能であり、感染状況によっては完全ウェブ形式の開催に変更することもありますので、その際にはご理解くださるようお願い申し上げます。

病院薬剤師と薬系大学教員が一堂に会し、意見を交わせる貴重な機会となります。1日の短い会期ではありますが、ここ静岡の地に多数の方々に参加いただき、活発な議論をいただきますようお願いいたします。

日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2022

〒422-8063
静岡市駿河区馬渕2丁目16-32
静岡県薬剤師会館2F

TEL 054-654-3566